無添加ドッグフードの効果研究会

無添加ドッグフードの効果研究会 トップページ » 愛犬の皮膚トラブルと添加物の関係

愛犬の皮膚トラブルと添加物の関係



犬がドッグフードを食べたことが原因で

皮膚トラブルを起こすことがあります。



病気の犬


アレルギーを引き起こす

原因と考えられる原材料は、

小麦粉、トウモロコシ、牛肉、大豆、

合成保存料や合成着色料など
です。



毎日の食事が皮膚トラブルに影響しますので、

犬に与えるドッグフードには気をつけましょう。





皮膚や被毛は栄養が最後にいく部分です。



そのため、消化吸収悪い

ドッグフードを食べていると

皮膚が健康な状態を保つのは難しく
なります。





毎日の食事を通して、皮膚に栄養を与えるために

無添加のドッグフードを

取り入れるという人も多くいます。





小麦やトウモロコシなどの穀物は

犬が消化しにくい食べ物ですので、

それが皮膚トラブルにつながっている可能性があります。



無添加のドッグフードなら、

穀物が不使用か使用されている量が少なめ
ですので、

犬の体質改善に適しています。



ドッグフード


また、動物性タンパク質が含まれる

ドッグフードの中にも

魚やラム肉などを使用した

低アレルギーで、消化が良く、

犬が必要としている栄養素を

多く含んでいるドッグフードもあります。





犬が自分で掻き毟っている場合は要注意



犬が自分の体を掻きむしるなどして

皮膚トラブルを起こしている場合もあります。



そのときは、ハウスダストやストレスが

犬の皮膚トラブルの

原因として考えられます。



そういった行動がよくみられる場合は

クッションやマットなどを清潔に保ち、

愛犬のストレス解消のためにも

適度に運動させるようにしましょう。